スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
聞かせたくなかったよ・・・
ネット上でのお友だち繋がりで訪れた、
ミンティーさんのサイト「♪ミントな暮らし♪」の中に
「不思議なお話・・・。」という記事があった。

ミンティーさんのご友人が体験された出来事
(亡くなった愛犬が、女の子に姿を変えて会いに来てくれたのでは?)
が書かれていたのだが、これを読んでいて私はふと昔飼っていた愛犬が亡くなったときの事を思い出した。
そこに書かれていたような不思議な話ではないのだが、なぜだか頭に浮かんで離れなかった。

祖母の知り合いに頼まれて飼い始めた雑種の子犬を、当時まだ学生だった私は自分の犬として、手をかけ愛情を注いで大事に育てた。ズボラな性格だったが、毎日の散歩もエサ作りもほとんど苦にならず、時間までに急いで家に帰って世話をし、共に過ごして来た。

その犬がまだ6歳頃のこと、なんの病気だったのか覚えてはいないが、ある日急に息が荒くなりゼーゼーと苦しそうにするようになった。
獣医さんに連れて行ったとき、うちの前に診察されたワンちゃんが、治るかどうか半々ぐらいだと言われているのが聞こえた。
あんなん言われたらいややなぁとドキドキしていた私だが、あろうことか それより遥かに厳しい結果を突きつけられた。

「これは・・・もうアカンかもしれんなぁ・・・」
心臓が早鐘のようになり、手が冷たくなった。
「先生、そんなこと言わんとって下さい!」とお願いしても、診断結果が変わるはずもなかった。

それから数日に一回のペースで、注射を打ちに獣医に通った。
はじめは苦しそうな息づかいの他は何も変わらぬ愛犬だったが、そのうちだんだんと歩くのも困難になり、トイレも家の中でするようになった。
私は神社にお参りし、生まれてはじめて神頼みをした。
どうしようもないことは分かっていても、じっとしていられなかった。

その頃になると、みんなある程度の覚悟は出来ていた。愛犬を繋いでいたロープを放し、家の中で好きにさせた。彼女もそれに応えた。

確か、3、4回目の獣医通いを終えて帰宅したときのことだと思う。
母が愛犬に向かって言った。

「○○ちゃん、もうええやろ・・・」

私は驚きで動けなくなった。
もうええ・・・もうええってどういうことやねん!
心で叫んだだけで、口には出さなかった。
当時の家庭の経済状態を、私はなんとなく知っていた。
いつまでも獣医通いを続ける余裕がなかったのは事実だろうし、何より苦しそうな愛犬を見ているのも辛かったのだろうと思う。

けれど、どうしてそれを口に出して聞かせてしまったのか。
その時は分からなかった。
私は母がいなくなった後、愛犬の耳元で「大丈夫、私が何でもするから、早く元気になって」と囁き続けた。

愛犬はその夜、旅立った。

私は彼女の横で、まだ温もりの残る手を繋いで眠った。
時々 クゥンと鳴いているような声が聞こえた。
翌朝、彼女は固く冷たくなっていた。

今も思う。
どっちにしても助からない命だったが、あの時、彼女にお別れの通告をしてしまったのではないかと。
聞かせてしまった言葉、分かったの?
悲しかったの? それとも恩返しのつもりだったの?
ごめんね。あの言葉、聞かせたくなかったよ。

勝手だけど、お空で再会するときは、しっぽ振って迎えてくれる?


今、私はかわいいニャンコを飼っている。
母となり家計を預かる立場にもある。
もしも今、あの時のような状況になったら、私はどこまでニャンコのためにしてやれるだろう。
出来る限りのことはしてやりたい。その気持ちは誰でも同じ。
けれど・・・

あの時非情な言葉を吐いたと思えた母の気持ちも、今なら分かる気がする。
何も言わずに放り出すことができなかったのよね。
ごめんなさいって言ってたのよね。
そして彼女も、そのこと分かってくれてたんだよね・・・


今の私を支えてくれる、愛しのマイニャンコ。
少しでも長く私のそばにいてほしい。


長くなってしまいました。
最後まで読んで下さってありがとう。
スポンサーサイト

テーマ:★ 犬と猫 ★ - ジャンル:ペット

【2005/10/25 15:24 】
雑感 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<のんびり~ の シアワセ | ホーム | 3人目のお友だち>>
コメント
しみじみ・・・
にゃおさんのワンコの話、胸がキュ~ンです
私は小さい頃からずっ~とにゃんこで、
何度かのお別れがある
たまちゃんと出合ったときも、いつかは別れがくる悲しみを受けるつもりで同居を始めた
でも、いつまでも一緒にいたい~
1ツだけ願っているのは、私より先に逝ってくれるコト
私だっていつアクシデントに会うか分からない
たまちゃん残しては悲しすぎるので・・・
今日はちょっと思い深いtamakoでしたe-251


【2005/10/25 21:53】
| URL | tamako #-[ 編集] |
 私も、今年の1月に飼っていた犬を亡くしました。
今改めて、その犬のことを思い出しています。

 どんなことをしても生かしたかったですよね。
当時お母様に言われた言葉、
とてもとてもつらかったことと思います。
その時のにゃおさんのお気持ちを考えると、
私は目頭が熱くなりました。

 動物を飼うということは、
限りある命と向き合う日が必ず来るということです。
その決意をして、今また猫を飼い始めたわけですが・・・。
これが飼いはじめるとかわいくてかわいくて、
命の期限なんてどこへやら(笑)
とにかく今は、不安や心配よりも、
かわいがること最優先ってことで良いかなと思っていますi-179
【2005/10/25 23:44】
| URL | 猫鼻 #YzF3TQMs[ 編集] |
悲しいお別れでも、やっぱり経験してた方がいいよね。
大人になって、いろんな立場にたった時
やっぱりその経験は、自分の引き出しの中で
輝いてるんよね。

命って、限りあるからこそ尊いんやもんね。
自分の子供にも、知って欲しいな。
【2005/10/26 09:00】
| URL | にゃお(北近畿) #-[ 編集] |
こんにちは。

私も今まで沢山のお別れを経験してきました。そして、これからも沢山のお別れを経験するのはわかっています。

別れるのは辛いけど、それまでに体験してきた幸せのほうが多いので、ついついにゃんこを家族に迎えてしまうのですよね…。

大丈夫。ちゃんと天国で楽しく遊んでいますよ。そして、にゃおさんが来た時は尻尾振ってお出迎えしてくれます。
だって、一生懸命守ってくれた家族なんだから、にゃおさんのこと絶対忘れるなんて事はないです。
私の亡くしたにゃんこたちは、息を引き取るときため息をつくようにすうっと落ちていきました。
その後も、まるで眠っているんじゃないかと思わせるほどの安らかな寝顔に見えました。
なので、私は「死んだ」と言う表現を使わずに「お昼寝中」と言っています。
目覚めたら、また一緒に遊びたいから。

そういっても、私も天国に行った時にいっぱい謝らなくちゃいけないことがあるんですけどね…。
【2005/10/26 12:18】
| URL | 右京 #-[ 編集] |
tamakoさん

私も同じこと考えてますよぉ。
そんな先の事を・・・と笑われそうですが、子ども達が独立して、私がひとりになっても(離婚するか夫が先立つかを前提にした恐い考えですねぇ)
ペットと一緒に暮らしたいなぁって思ってるの。
でも私のほうが先に逝っちゃうと、そのコはどうなるの?
やっぱり年を取ってからはペットを飼うとダメかな?なんて、かなり真剣に考えてました。バカみたいに (^_^;)
ペットとして飼われた動物は、自然界ではなかなか生きていけないでしょうし、子ども達にもそれぞれの生活があるでしょうしね。
ペットを残して死んじゃったら、心配で成仏できないかもしれないです、私。
そう思うと、きちんと看取れるというのは、ある意味幸せなことかもしれませんね。 しみじみ。


*****


猫鼻さん

これまでに愛犬のことを思い出すことはたびたびありましたが、なぜかココに書いた出来事を思い出すことは殆どありませんでした。
無意識のうちに自分の中で封印していたのかもしれません。
それが、あの記事を読んだときには ふうっと頭に浮かんできたんです。
長い間誰にも言わなかった思いをココに書いたことで、私は気持ちにひとつ区切りがついたように感じています。
そして、縁あってウチに来てくれた猫ちゃん。
本当に文句なしにかわいいものですね。
私もニャンコとは今を楽しんでいます。それでよいと思います。 (*^_^*)


*****

(北近畿の)にゃおさん

そうですね~。どんな経験でも、その人の糧になっていると思いますね。
真っ直ぐだった若い頃。それはそれで貴重でした。
今は紆余曲折を経て、いろんな角度から物事を見られるようになりました。
まぁ、まだまだ未熟なんですけどね。 (^_^;)
うちの子ども達は、身近な人の死(というか、死に際)を体で感じた経験がまだないので、命の尊さは頭の中では分かってるという位のレベルかな。
体も心もまだまだ成長期です。


*****

右京さん

「お昼寝中」という言葉、右京さんがブログの中で何度か使われているのを拝見して、素敵な表現だなと思っていました。
悲しいお別れはどなたも経験されているようですね。
私も、祖母が生き物好きだったので沢山のお別れをしてきました。
愛犬はそのおばあちゃんと一緒に、今はお空で楽しんでいると思います。
私は愛犬の死に際の まさにその瞬間は見てないんですよ。
でも、そのあと一緒に寝て、撫でながら話しかけている時、フゥ とため息をつくような声というか音というか、が聞こえました。
実際は何の音だったのか、空耳だったのか、それは分かりませんが、返事をしてくれたような不思議な感覚でしたね。
また天国で会えたらいっぱいお話ししたいな。
【2005/10/27 15:43】
| URL | にゃお #lHh1Fg1A[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://majinyan.blog25.fc2.com/tb.php/28-07ba8aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。