スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ひざ猫もどき
秋は人恋しい季節ともいいますが、猫もそういう気分になるのでしょうか?

この頃うちのニャンコが、たまーにですが ひざ猫になってくれます。
私が捕まえて乗せるのではなく、ニャンコの方から勝手に乗ってきてくれた時の喜びと言ったら・・・ もうアンタ、猫好きさんなら十分に分かってくださることと思います。

猫にもお気に入りの膝がありまして、マイニャンコが一番好きなのは長男の膝のようです。長男は、いつも勝手に乗ってくると申しておりますが、私はヤキモチ半分で「アンタが無理やり乗せてるんちゃうん?」と勘ぐっています。

さてそのマイニャンコですが、かなりの頻度で私への嫌がらせのようなことをします。
それはどういうことかと言いますと・・・
まず、ニャオー とかわいく鳴きながら私に近づき、ゆっくりゆっくり膝の上へと移動します。私の方はもう、猫の片足一本が膝に触れて体重がかかった時点ですでに あふれんばかりの期待が押し寄せているのです。
そうして足4本がすべて膝に乗っかった時には夢心地でぽーっとなっております。

ところがここからが問題でして、
マイニャンコ、なかなか腰を落としません。
4本足で膝の上に立ったままなんです。
これね、結構イタイんですよ。小さな面に体重がかかりますし、ニャンコも不安定なので落ちまいとして少し爪がでてるんです。

そうやってしばらく立ったままで私をじらし、そしてようやくゆるゆると腰が下がりかけます。(おおっ、ついに!)
・・・ が、
少し下げたところで、ぴたっと動きが止まります。
何が気に入らないのか、またお尻を上げてしまうんです。
これを何度か繰り返すのです。下げては上げ、下げては上げ・・・

もうね、無理やり押さえ付けたい衝動をかろうじて抑えています、私は。
きっと安定するところを探っているんだと思うのですが、一喜一憂ですっかり疲れてしまいますね。 (早く、早くぅ・・・)
こうするだけで結局座ってくれずに逃げ去る場合もあります。
完全にもてあそばれているようです。
運良く座ってくれたときは、心の中でヤッターとガッツポーズです。
その上、前足も落として完全なひざ猫になってくれたら、昇天しちゃいます。

でもね、きっと居心地が悪いんでしょう。すぐにプイッとどこへやら。
私があまりにもスマートなので、安定感や温もりが足りないんだと思います。
・・・ そういうことにしておいて下さい・・・ でないと打ちひしがれます。

うちのコは、膝に立つだけ座るだけが多い ひざ猫もどきです。
思わせぶりな態度が、またかわいいんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:にゃんこ - ジャンル:ペット

【2005/10/29 16:34 】
ねこ | コメント(4) | トラックバック(0)
のんびり~ の シアワセ
今週は仕事が不規則なので、今は日中ですが家にいます。
臨時で自由な時間が増えると嬉しいものです。
こういう日は、何か特別な事をしたい気分でもあるし、ゆっくりのんびり過ごしたいとも感じます。
とりあえず、子どもが帰宅するまでにパソコンを使っちゃおうと決めました。

私は のんびりや なので、急ぐことが苦手です。
時間に追われていると、自分が自分でなくなります。
ゆったり過ごすのが好きな上に、手際が悪く、やることがカメちゃんなので、なんでも人様の数倍の時間がかかります。(大げさ?)
短い人生、無駄にしてるなぁと思うこともありますが、まぁ仕方ないので受け入れています。

さっき階段を下りようとしたら、うちのニャンコが横をすり抜けて先に下りていきました。
ドドドドドッ とすごい勢いで逃げる時と違い、トン、トンッ、トン・・・ と一段ずつゆっくり下りていったのですが、その格好の愉快なこと。

後ろの両足を揃えて同時に一段下げるため、お尻がもっこり上がったり、下がったり。
もっこり、コトン。 もっこり、コトン。・・・・・・
ああ、かわいい。楽しい。面白い。

何気ない日常がシアワセに思えたひとときでした。
【2005/10/27 15:49 】
雑感 | コメント(3) | トラックバック(0)
聞かせたくなかったよ・・・
ネット上でのお友だち繋がりで訪れた、
ミンティーさんのサイト「♪ミントな暮らし♪」の中に
「不思議なお話・・・。」という記事があった。

ミンティーさんのご友人が体験された出来事
(亡くなった愛犬が、女の子に姿を変えて会いに来てくれたのでは?)
が書かれていたのだが、これを読んでいて私はふと昔飼っていた愛犬が亡くなったときの事を思い出した。
そこに書かれていたような不思議な話ではないのだが、なぜだか頭に浮かんで離れなかった。

祖母の知り合いに頼まれて飼い始めた雑種の子犬を、当時まだ学生だった私は自分の犬として、手をかけ愛情を注いで大事に育てた。ズボラな性格だったが、毎日の散歩もエサ作りもほとんど苦にならず、時間までに急いで家に帰って世話をし、共に過ごして来た。

その犬がまだ6歳頃のこと、なんの病気だったのか覚えてはいないが、ある日急に息が荒くなりゼーゼーと苦しそうにするようになった。
獣医さんに連れて行ったとき、うちの前に診察されたワンちゃんが、治るかどうか半々ぐらいだと言われているのが聞こえた。
あんなん言われたらいややなぁとドキドキしていた私だが、あろうことか それより遥かに厳しい結果を突きつけられた。

「これは・・・もうアカンかもしれんなぁ・・・」
心臓が早鐘のようになり、手が冷たくなった。
「先生、そんなこと言わんとって下さい!」とお願いしても、診断結果が変わるはずもなかった。

それから数日に一回のペースで、注射を打ちに獣医に通った。
はじめは苦しそうな息づかいの他は何も変わらぬ愛犬だったが、そのうちだんだんと歩くのも困難になり、トイレも家の中でするようになった。
私は神社にお参りし、生まれてはじめて神頼みをした。
どうしようもないことは分かっていても、じっとしていられなかった。

その頃になると、みんなある程度の覚悟は出来ていた。愛犬を繋いでいたロープを放し、家の中で好きにさせた。彼女もそれに応えた。

確か、3、4回目の獣医通いを終えて帰宅したときのことだと思う。
母が愛犬に向かって言った。

「○○ちゃん、もうええやろ・・・」

私は驚きで動けなくなった。
もうええ・・・もうええってどういうことやねん!
心で叫んだだけで、口には出さなかった。
当時の家庭の経済状態を、私はなんとなく知っていた。
いつまでも獣医通いを続ける余裕がなかったのは事実だろうし、何より苦しそうな愛犬を見ているのも辛かったのだろうと思う。

けれど、どうしてそれを口に出して聞かせてしまったのか。
その時は分からなかった。
私は母がいなくなった後、愛犬の耳元で「大丈夫、私が何でもするから、早く元気になって」と囁き続けた。

愛犬はその夜、旅立った。

私は彼女の横で、まだ温もりの残る手を繋いで眠った。
時々 クゥンと鳴いているような声が聞こえた。
翌朝、彼女は固く冷たくなっていた。

今も思う。
どっちにしても助からない命だったが、あの時、彼女にお別れの通告をしてしまったのではないかと。
聞かせてしまった言葉、分かったの?
悲しかったの? それとも恩返しのつもりだったの?
ごめんね。あの言葉、聞かせたくなかったよ。

勝手だけど、お空で再会するときは、しっぽ振って迎えてくれる?


今、私はかわいいニャンコを飼っている。
母となり家計を預かる立場にもある。
もしも今、あの時のような状況になったら、私はどこまでニャンコのためにしてやれるだろう。
出来る限りのことはしてやりたい。その気持ちは誰でも同じ。
けれど・・・

あの時非情な言葉を吐いたと思えた母の気持ちも、今なら分かる気がする。
何も言わずに放り出すことができなかったのよね。
ごめんなさいって言ってたのよね。
そして彼女も、そのこと分かってくれてたんだよね・・・


今の私を支えてくれる、愛しのマイニャンコ。
少しでも長く私のそばにいてほしい。


長くなってしまいました。
最後まで読んで下さってありがとう。

テーマ:★ 犬と猫 ★ - ジャンル:ペット

【2005/10/25 15:24 】
雑感 | コメント(5) | トラックバック(0)
3人目のお友だち
うちのメロ、りんにゃんにお友だちが増えました。

まりもんさんち(里親名:まこっちさん) の もえっちちゃんです。
おなじ赤のメロだから、お互いがどんなバージョンに変化するのか楽しみです。

ところで、
メロメロパークからのお知らせでは、アイテム機能が再開されたとありますが、私は未だにアイテムを発見したことがありません。
なので、ウチのメロは殺風景な場所で遊んでます。
なんかひとつでも見つけられたらなぁと思いますが、なかなか・・・
やっぱりしょっちゅう見に来ないとゲットできないものなのかしら。

運もあるよねえ。

ウチ、ウンはあるけど、運はないからな。
【2005/10/24 15:43 】
メロメロパーク | コメント(4) | トラックバック(0)
ああ、猫天国?
うちは猫にとって天国のような家です。

物や箱が山積みで、
・キャットタワーが何十個もあるのと同じです。
・爪とぎがいたるところにあるようなもんです。
・隠れるところが無限にあります。
・ダンボールに手を掛けて伸びの運動ができます。
・箱を引っ掻いたり食いちぎったりすると腹いせになります。
・そうして空いた穴に手を入れてネコパンチができます。 楽しいです。
・通路が狭いので走り回るうちに敏しょう性が養われます。
・おもちゃがすぐに物の陰に入ってしまうため、
 隙間に手を入れてそこら中を引っ掻き回す楽しみがあります。
・探検ごっこができます。

家が古いので、
・柱によじ登ってストレス解消しても叱られません。
・障子やふすまに穴を開けて通り道を作っても叱られません。
・脱走後、足を拭かずに家に入れます。
・虫がいっぱい入ってきて、おもちゃに不足しません。
 ああ、燃え盛る本能。

押入れに自由に入れます。そして、
中に入っている服などをぐちゃぐちゃにしてまとめた基地が作れます。
座布団やソファーのカバーをビリビリにしても叱られません。
気に入らないことがあると飼い主を噛んだり引っ掻いたりします。
何でも好き放題です。

でも、飼い主がバカなので叱られません。
その上ズボラなので、この状態が変化することはまずありません。
そして何より愛してもらえます。
(これは猫好きさんのおウチはどこでも ですね)

どうです? 素晴らしいでしょう?

あなたの猫ちゃんも遊びに来てはいかがですか?


うおぉー! なんとも悲惨すぎるわが家。
ホンマかいな? こんなん、アカンやろ・・・
人間は誰も住みたくないわい!

たぶんニャンコも「きちゃない・・」って思ってるよ・・・ね

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

【2005/10/22 13:36 】
ねこ | コメント(4) | トラックバック(3)
田舎暮らしの宿命
このところ、お疲れモードの にゃおです。
秋はどうしてこんなに行事が多いのか?
ここが田舎だからでしょうか?
とにかく、貴重な時間がどんどん吸い取られていきます。
子どものため、学校のため、地域のため・・・・
そして何より田舎に住んでいるがゆえの避けられない現実のため。
またこの季節は自分の仕事の方も結構ハードな時期で、決して若くはない私にはキツイ日が続きます。

まぁ、そういう忙しいときというのは誰しも経験することと思いますが、そんな時、都会で育った私の心にいつも芽生える感情・・・それは、

こんなとこに来るんじゃなかった。(繰り返し 響く)

自分が子どもの頃のことを思い返してみると、もう小学生ともなれば大抵は自分の力で、親をあてにせずとも普通に毎日過ごせていたように思います。
ところがここでは高校卒業までは子どもの手が離れません。

田舎暮らしは、お金も 時間も 手間も かかります。

近くではモノが揃わないので 買い物のため交通費をかけて隣町へ。
1~2時間に一本の電車やバスにも合わせなければいけません。
そう、大人一人に一台の車がないとかなり不便な生活を強いられます。

子どもがいる家庭では、
習い事といえば、車で送り迎え。
部活といえば、車で送り迎え。
雪が降ったら学校まで 車で送り迎え。
子どもが何か欲しいといえば、隣町まで車で連れて行く。
そして、買い物にずっと付き合わないといけません。
ああ、家にいたらパソコンもあれもこれもできるのにと何度思ったことか。

子どもが複数いれば、手間も数倍です・・・

ここらでは大人も子どもも そういう生活を当たり前のように受け入れていますが、私はどうしてもこれに馴染めません。
だって「自分の事は自分でしよう」「送り迎えは甘やかし」と教えられた時代の子なんです、私は・・・ (^_^;)
わが子らはいつ自立できるんかいなと心配になることもあります。
環境も時代も違うので仕方ないこととは思うのですが、正直に言って、煩わしくて仕方ないんですよね。(親失格と叱られそうですが)

自然豊かな(虫も獣もいっぱいの)田舎も素晴らしいのですが、
私とはどうも相性が悪いようです。
旅行で来るのには良くても生活は苦痛です。
(あくまでも私にとって、です。念のため)

結婚後、自分の心が否定しない処に住むことの大切さを痛感しています。
住めば都・・・ これはウソです。
これから私は季節ウツ状態に突入です。

よーし、そのうち大阪に帰るぞぉー

・・・とは 思うばかりで実現は・・・どうかな・・ トホホ(死語)

テーマ:ぼやき - ジャンル:日記

【2005/10/21 23:34 】
雑感 | コメント(6) | トラックバック(0)
お出迎え か 催促 か
キキーッ バタン
仕事を終えて車で帰宅した私。
今日も一日疲れたなぁ・・・

ガチャリ ガラガラ と玄関から中に入ると
部屋の扉の向こうから
ニャー ニャオー
と 小さな声が聞こえます。

毎回ではないのですが、こんなふうに、ニャンコのかわいいお出迎えの幸運に恵まれるときがあります。それも、その日一番最初に帰宅した者だけの特権です。

その声を聞いただけで、疲れも吹っ飛んだかのように感じてしまうお気楽な私。早々に扉を開けると、とたんに大きく鮮明に聞こえるその声は、私の感情を豊かに刺激します。置物のようにキレイに座ったマイニャンコが私を見上げ、ニャオー ニャオー と鳴きながらゆっくりと擦り寄ってくるのです。

「おお、おお。ひとりで待ってたんか、寂しかったんか。おお よしよし」
などと(勿論、猫なで声で)話しかけながら、彼を撫でたり抱っこしたりして元気と幸せをもらっています。

実際にお会いしたことはありませんが、猫の言っていることが自分の頭の中で人間の言葉として聞こえる、あるいは分かる、という素晴らしい能力をお持ちの方がおられるそうです。
残念ながら私はそういう類の人間ではありませんので、実際うちのコがお出迎えの時に何を言っているのか、確かな事は分かりません。

「ハラへったんじゃ! はよメシくれー!」と催促しているのか、
「トイレくちゃいわ! さっさとキレイにしてくれや!」と怒っているのか、
「お帰りなちゃい、寂しかったじょー」と(私にとって)理想的なことを思ってくれているのか、それは定かではありません。

けれど、ある程度ニャンコにかまってやった後は、いつの間にか姿が見えなくなっているので、私は勝手に「お帰り~ 待ってたよ」と挨拶してくれたものだと解釈して喜んでいますね。
(実際は希望が叶えられずに諦めただけかも・・・ね)

時々、ニャウリンガル(だったかな?)があればどうだろうと思うこともあります。あれって当たるのでしょうかね。
訳が正解でも不正解でも確かめようがありませんが・・・ (^_^;)

まぁ、うちの場合は、知らぬが仏 なのだろうとは思いますがね・・・

【2005/10/15 17:44 】
ねこ | コメント(4) | トラックバック(1)
思い知らされた現実
ブログを始めて困ったこと。
それは、子ども達とパソコンの取り合いになることです。

平日で仕事が休みの日の日中なら、自分だけでゆっくり楽しむことが出来ますが、平日の夜や休日はそういう訳にもいきません。あちこちのブログを見て回りたいなと思っても、時間がなくて、ここの更新だけで終わることもしばしばです。(更新すらしない時も

そんな状況なので、あまり多くのブログを訪問してはいませんが、それでも、ペットの記事があるブログでは、大抵がペットのかわいい写真をアップしているということが分かります。
そして、見ているこちらもつい笑みがこぼれたり、心配したり、愛しくなったり、そういったことで相手を身近に感じることができるようです。

ところが、どうでしょう・・・
ここは写真の一枚もありやしません。

こんなしょーもない文ばっか読んでても楽しくもないわなぁ・・・ どんな変な写真でもあった方が親しみもってもらえるよな、うん、やっぱデジカメ欲しいよな~・・・
と、思って思案するのですが、ここで現実と言う厳しい壁が立ちはだかります。

うちは家計が火の車で、そう、デジカメ購入の優先順位は低い。
これが一つ目。

そしてもうひとつ。
マイニャンコの写真を撮るようなつもりで、猫と周りを見てみたのですが、
「あ、いいお顔。 でも、そこちょっと汚いな」
「きゃー、かわいいカッコしてる。 あ、後ろに物が山積みや」
「やや、おもろいしぐさ。 うへー、ホコリいっぱいやん」

そう、猫のベストショットは数多くあれど、
・・・・・場所のベストショットが・・・ないやん!!

猫を写したら、必ずヤバイもんも写ります。

・・・あかん。 デジカメどころやない。 まずは、掃除や・・・
【2005/10/10 01:03 】
雑感 | コメント(7) | トラックバック(0)
メロが覚えた新しいアクション・・え?
うちのメロ、りんにゃんが新しいアクションを覚えた。
それは嬉しいことだけど・・・

脱糞って、アンタ、ホンマかいな?

こんなの他のメロちゃんも覚えてるんでしょうか?

ま、まさか、私が書いた記事に合わせたとか・・・
そりゃ ニャウンコネタが幾つかあったけど。
勘弁してよぅ、りんにゃん・・・
【2005/10/08 16:03 】
メロメロパーク | コメント(2) | トラックバック(0)
ニャウンチのあと、こすらないでぇぇ!
時々なんですけど、猫ちゃんがニャウンチした後に、お尻を床にこすり付けるような格好で前進することってありませんか?

うちのコ、たまーにするんですよ、これを。
たぶんね・・・
キレの悪いのをした後、気持ち悪くてやってるんだと思うのですが・・・

たまに、付きますよね、そう、床に、あれが。

そして、見つかったら一目散に逃げてゆきます。どぴゅーん。

昨日は、さぁて今から出勤だと慌てて家を出ようとしたときに、
やられたんですよ! ニャウンチ後の尻こすりを!

ぎゃぁあぁーーー! やめてぇーーー!
心の中でだけ叫んだつもりだったのですが、声が少し漏れたのかもしれません。うちのコ、すっとんで2階へ逃げて行きました。
そんな・・今から拭き掃除なんてでけへんわ・・・

姿勢を低くして、こすってたところの状態を確認したら、
(こうすると床の光り具合でよく分かるんですよ)
ラッキー、付いてないみたいやん。

昨日は一番早く帰宅するのが私だったため、そのまま出勤し、帰宅してから処理しましたが・・・
考えてみたら、これ、誰もいない日中にやられてたって、分かんないですよ。

知らずに済んでるかもしれないんですよ・・・
人の足で・・・拭いて・・・る?

うおぉぉぉぉーーーー!!

(お下劣ネタで、ごめんなさい <(_ _)> )
【2005/10/07 12:29 】
ねこ | コメント(5) | トラックバック(0)
にくきゅー ぷにぷに
かわいいね。
触っていると、楽しいね。

ニャンコの手は特別。
あの手を顔に ぷにん と押し付けられたら、天国行きです・・私。

あ、お手々の先を くにん と曲げて、にくきゅーペロペロガジガジやってる。
もー たまらん!

いらわせてぇ~~~
でも、なかなか肉球で遊ばせてはくれない マイニャンコです・・・

ご存知ですか?
猫の手がポンと出て、"オフサイドできません" って言うCM。
(歳がバレますね)

あの頃、犬が大好きだった私。猫にはあまり興味がなかったけれど、
猫の手のかわいらしさは、充分にインプットされた気がします。

うちのコの肉球は、チョコとピンクのミックスです。
いろんなタイプがあるけれど、どのコのもかわいいにゃ。

ああ、猫の手のオモチャが欲しいゾ~
【2005/10/05 16:04 】
ねこ | コメント(5) | トラックバック(0)
不覚
今日、雨に濡れた。

ハァーックション! ズルズル・・・シュン、シュン
あかん・・・カゼひいたかもしれん。

いや、雨のせいじゃなくて、昨晩眠気に勝てずにうたた寝したんが悪かったんかもな。それも半袖・短パンのまま布団も掛けずに・・・
ええ、寒さで目が覚めましたとも。

そのあと、冷蔵庫で冷やした水を飲み・・・
今朝はちょっぴりピッピちゃん。(注:下痢気味のこと。スミマセン)

あ~あ~、ホンマかいな・・・ 子供に示しがつきまへんがな。
いつも、そんなことしてるからカゼひくねん!とかってえらそーに言うてるのになぁ。

ココアでも飲んでみよっかな。
【2005/10/04 17:20 】
雑感 | コメント(3) | トラックバック(0)
半分だけの 招き猫?
ネコを飼っておられる方、お宅のニャンコは "お手"もどき をしませんか?

もちろん、ワンコのように「お手!」と言ってさせるのではありません。
ニャンコとの楽しい会話のひとつとして存在するかわいいジェスチャー。
そういう お手 です。

うちのコは、手の位置が招き猫の半分位のお手もどきや、ほんの少し上げる
だけのお手もどきをよくします。たいてい右手があがります。
それがでると、ゴハンが欲しい証拠です。

多分それは、
・ 早朝ゴハンが欲しくなると、ネコパンチで人を起こす。
→ 何や? マンマ欲しいんか? よしよしマンマあげよな、マンマ。
などと言っている私の横で "マンマ"という言葉を何度も聞きながら
「はよくれー、メシが欲しいんじゃ!」の意味でネコパンチを続ける。
→ ゴハンがもらえる。
→ マンマ と ネコパンチ と ゴハンがもらえたこと がリンクする。
→ ゴハンがほしけりゃ、ネコパンチのかっこ。マンマか?と聞かれりゃ
ネコパンチのかっこ・・・で ゴハンもらえるやん! と覚える。

ちゅうことのようなのです・・・
ちなみに、ゴハンが欲しい時以外は、ニャーと鳴いても手はあげません。

ニャ~ と寄ってきては お手々を軽くあげるマイニャンコに、
「はいはい、マンマやなぁ~」 とデレデレになってオヤツをあげる私。

こっちをじっと見て ニャオ~と鳴くマイニャンコに、分かっていながら
「何欲しいのん? マンマか?」と聞いては 手をあげさせて喜んでいる
バカ親 にゃお。

しつこくしすぎて、ひっかかれることもあるけれど、
わが家の微笑ましい光景です。(^_^;)
(と思っているのは、私だけ?)

うちも同じ~ って方、おられるかな・・・
【2005/10/03 18:18 】
ねこ | コメント(5) | トラックバック(0)
オレの嫌いニャもの
オレ、にゃおンちのネコ。
デカい態度で威張ってるけど、ちとビビリなんだニャ。
この頃どういうわけか、スーパー袋の音が怖ぇんだよニャア。

言っとくが、袋が怖ぇんじゃニャいぜ。
あの バリバリ シャカシャカ って音がいやニャンだよ。
ニャンだか化け物でも襲ってきたんじゃニャいかと思っちまう。

それが・・・だ ニャ、

うちのにゃおのヤツときたら、オレが音にビビって一目散に逃げる
のを面白がりやがってよ、オレがちょっと玄関の方に行っただけで
すさまじい攻撃を仕掛けてきやがるんだニャ。

オレは外に出てぇんだよニャー。それを部屋に戻そうとするニャ!

おや、アイツめ、袋を手に持ちやがったニャ。
(待てよ、へっぴり腰になるじゃニャいか。)
おっ、袋の口を大きく開けやがった!
来るっ!!

バサ バサ バサッ!!

逃げろ! ズドドドドーーッ
ズシャーーッ おおっと すべっちまったニャ!
シャ シャ シャ シャーッ ドドドド

ふう・・・ やっと二階まで逃げてきたぜ。
これで一安心だニャ・・・

これのお陰でよぉ、オレってば、歯が欠けちまったんだ。
どうしてくれるんだニャ!!

お、にゃおのヤツめ、笑いニャがらこっちに来やがる。
ふんっ! 知るか!
ニャんだよ、なでなで攻撃かよ・・・
オレは今、そんな気分じゃニャいんだよ。
でも・・・ はふっ、気持ちいいニャア・・・
仕方ニャいな、ゴロゴロ言っといてやるニャ

ゴロゴロゴロ ニャア~ ♪


・・・・・・ だそうです。(にゃお)
【2005/10/02 14:30 】
ねこ | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。